FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年7月13日~14日 目指せ就職!目指せ進学!進路2DAYS

東京国際ビジネスカレッジでは7月13日(月)と14日(火)の二日間、「進路2Days」と題して、進学と就職の進路について考える日を設けました。
日中通訳翻訳コースでは13日には二人の就職に成功した卒業生の先輩を、14日には一人の投資経営に成功した卒業生の先輩を招き、1・2年生の後輩達がアドバイスをもらいました

成功した先輩達もスタートから順風満帆(じゅんぷうまんぱん)だったわけではありません。
後輩達に「どんなに苦労したか」「それでも合格するためにどんなに工夫をしたか」そして「どんなに何度もチャレンジしたか」を熱く語ってくれました。

質疑応答の時間には1年生からも多くの質問が出ました。
積極的な学生は先輩達と連絡方法の交換もしました。

私達日本人教師も授業中に、あるいは合宿などの場で進路指導はしています。
しかし、外国人として「同じステージに立って、そこで勝ち抜いた」先輩達の言葉は、学生達の胸に更に深く入り込んだに違いありません。

一日目のこの流れは二日目にも引き継がれました。
投資経営に成功した先輩の話に、投資経営をするつもりのない学生も真剣に耳を傾けていました。

この先輩は現在、東京でラーメンチェーン店を経営し、連日満員の大成功を収めています。
同じチェーンに加盟した他の店で失敗している例もあるのです。

その中で、この短期間にどうやって大成功を収めたのか?
「とにかく日々同じ努力を真面目に継続していくこと」「お客様の表情を見て学ぶこと」と先輩は語ってくれました。

lingtongfei_kaku.jpg

haruki02.jpg

さあ、日中通訳翻訳コースの学生が目指す進路は「就職」だけではありません。
そうです。大学や大学院への「進学」を目指す学生も少なくないのです。

二日目は「日本語能力試験」の模擬試験も実施しました。
マークシートを使用した本格的なものです。

日中通訳翻訳コースでは、普段の授業中でもこうした模擬試験・過去問題を多く解いていますが、「進路2Days」の雰囲気の中でそれを行うと学生達の表情も真剣でした。

image2.jpg

「進路2Days」は終わりました。
でも、日中通訳翻訳コースの進路活動は今後もまだまだ続きます。

卒業後、栄光を勝ち取るために、引き続き頑張りましょう!

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
専門学校東京国際ビジネスカレッジ
〒111-0052
東京都台東区柳橋2-7-5
TEL:03-5825-8338(代)
FAX:03-3863-8890
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。